前へ
次へ

着物を売る時には保管状態が重要

着物を売る機会はほとんどないという人が大半であり、いざ売るとなればどこに売れば良いのかで悩んで、なかなか売れないということもあるのではないでしょうか。
着物の査定に関しては、着物そのものの価値がどの程度あるかだけではなく、状態も重要になってきます。
当然のことですが、シミや汚れがあるものは、ブランド品など価値が本来ならば高いものでも、半額以下に値下げされてしまうことも珍しくはありません。
長い時間放置してしまっていることにより、着物は傷んだりシミになってしまったり、保存状態が悪くて虫食いができるということにも繋がります。
そうなれば高く売るということは厳しいというのはもちろんのこと、ノーブランド品などそもそもあまり価値がないと判断される着物の場合には、買取不可となってしまう場合もあります。
売りたいと感じた瞬間が売り時であり、状態が良いうちに手放すべきということは頭に置いておくべきではないでしょうか。

未使用の新品着物でも保管状態には要注意

使わないものはリサイクルショップへ出すことの多い時代ですから、着物もこうしたショップへ出してお金にすることが出来ます。
せっかくならリサイクルショップではなく、着物買取専門ショップへ出すほうが、着物の価値を認めて高価買取になるためお得です。
着物の査定時に価値を決めるひとつは、着物が新品であるかどうか、シミや汚れも一切ないことも査定には響きます。
多くの場合着物買取に出す着物は、素手に一度はそでを通しているものですが、着物を趣味にしていたりコレクションしている人もいるため、その場合は数が多いので未使用の着物も含まれることもしばしばです。
一度も袖を通すことなく未着用の着物は、それだけでも高値が付きやすいですが、必ず査定前には状態を確認します。
未使用で新品だから完璧な良い状態とは限らないのは、保管状態が良くないとその影響が着物に出てしまうからです。
着物にとって良い保管状態でないと、着物にシミが付いていたり汚れの付着が起きることがあります。

Page Top