前へ
次へ

コンディションがあまり良くない着物を買取

箪笥の中に眠る着物を処分する方法として買取業者への依頼を検討する場合、躊躇してしまう理由として挙げられるのは、証紙がなくどのような着物か分からない、シミや汚れなどのコンディションがあまり良くないなどがあります。
このようなケースの場合には着物専門の買取業者に査定を依頼するという方法がおすすめです。
着物専門の買取業者は、専門的知識に長けたプロの鑑定士が査定を行いますので、証紙がなくともどの様な着物かの判断が出来るほか、シミや汚れシワなどがある着物でも基本的に無料で査定をしてくれるからです。
また大手の業者の場合には、宅配買取や出張買取の全国対応も可能ですから、地方在住で近場に買取業者があるか分からないという人でも安心です。
査定を依頼したから必ず売る必要はなく、査定だけしてもらいキャンセルする事も可能な点もメリットと言え、宅配買取などの場合には直接業者と顔も合わせませんので、断りやすいと言えます。

高値がつく状態で着物を売るために

何を買い取ってもらうにしても、状態がいいものの方が高く売れるのは当たり前です。
着物の場合は特に査定額に響きやすいので気をつけましょう。
まず、汚れや傷があるものは査定額が下がります。
襟はファンデーションがつきやすいので、専門家も厳しくチェックするポイントです。
ただ、最近では汚れが多少あっても買い取ってくれることもあるのでダメ元で査定に出してみましょう。
それから、いくら状態が良くても「証紙」がないと正しく評価してもらえないこともあります。
証紙は産地や年代を特定するための保証書のようなものなので、あるなら必ず一緒に査定に出しましょう。
そして少しでも高く売るコツは、複数の業者で見積もりを出してもらうことです。
着物を買い取った後業者はそれを売りますが、その販路によって査定額が変わってくるからです。
状態の悪い着物ならなおさら、汚れのある着物でも売れる販路がある業者に売った方が、高値がつく可能性があります。

Page Top