前へ
次へ

郵送もしくは出張で査定を受けるのがおすすめ

着物買取の方法は、複数あります。
例えば店頭買取です。
着物の買取を行ってくれる店舗に持ち込んで、査定を受ける方法です。
その他にも、出張や郵送という手段もあります。
多くの方々は、出張や郵送で査定を受けています。
着物の状態が悪くなる可能性があるからです。
お店の担当者が査定を行う時は、着物の状態を確認しています。
良好な状態の着物の方が、買取価格も高くなる傾向があります。
ところで実店舗に着物を持ち込むのは、リスクもあります。
お店に持ち込む道中にて、万が一の事態が生じる可能性も否定できません。
例えば、何かに着物を引っかけてしまう場合があります。
うっかり針金に着物を引っかけてしまい、破けてしまうケースも多いです。
それでは着物の買取価格も下がってしまいます。
その点出張や郵送という手段なら、着物が破けてしまう確率は低いです。
出張なら、買取業者の担当者が自宅に来てくれますし、郵送買取は郵便業者が引き取りに来てくれます。
担当者が自宅に到着するまでは、安全な場所に保管しておけば、破けてしまう事もありません。
ですから破けてしまうのが心配な時は、郵送や出張にすると良いでしょう。

なぜ着物の数が多い時は出張が良いか

不要な着物は、数が少々多い事もあります。
普段から着物を着用する頻度が多ければ、自然と数が増えてしまう事もあります。
ところで着物買取には、3つの選択肢があります。
出張と、実店舗と郵送です。
1つ目の出張という手段は、上述のように着物の数が多い時は、おすすめです。
労力の問題があるからです。
実は着物の数が多くても、店頭買取自体は可能です。
着物をお店に持ち込めば、品物の状態は確認してくれますし、売却も可能です。
ただ問題は、着物の数です。
大量の着物をお店まで持ち込むのは、かなりの労力を要します。
郵送買取も同様です。
基本的には段ボール箱に収納して、買取業者に郵送する事になります。
問題は、その段ボール箱の数です。
着物の量が多くなれば、必然的に段ボール箱の数も増えてしまいます。
それよりも、出張買取がおすすめです。
出張という方法は、お店の担当者が自宅に来てくれる訳ですから、わざわざ着物を持ち込む必要もありません。
もちろん郵送も不要ですし、大量買取は出張がおすすめです。

Page Top