前へ
次へ

祖母の形見の着物を買取サービスに持っていた時の話

祖母は着物が大好きな人でした。
季節に合わせた柄の着物を買ったり、友人との食事の時に着物を着て出かける事もありました。
その祖母が亡くなったため、たくさんの着物を処分しなければいけなくなりました。
母と相談して、祖母が好きだった着物や良く来ていた物は残しておく事にしました。
しかし、それ以外にもたくさんの着物がありました。
母も私も着物を着る事が出来ませんし、背丈も合わなかったので買取サービスに持って行く事にしました。
もし、着物が好きな人に使ってもらえたり、リメイク品として再利用されれば、祖母も喜ぶと考えたからです。
そして、多くの着物を持ち込みましたが、良い生地の物がいくつかあったようで、私たちの予想以上の金額で買い取ってもらいました。
担当の方の話では、古い着物ではあるがもともと上質で、大きな汚れもなかったので高価買取になったと説明されました。
そのため、遺品の着物が多く残されている方は、買取りサービスを持ち込むと良いかもしれません。

買取業者を利用して着物を次世代に渡そう

どの家にも譲り受けたけれども一度も袖を通していない着物や、柄や色が今の趣味に合わなくなったなどの理由でタンスにしまいこまれている着物があるものです。
ただ手元に置いているだけでは着物の状態が悪くなっていきそうだし、収納場所を取られてしまって困っているという家も少なくありません。
かといって思い出がある着物を処分するにはためらいがあります。
そんな時には着物買取専門店を利用すると、悩みが一気に解決します。
買取業者では着物だけでなく帯や小物も一緒に査定ができ、見合った金額で買取します。
たとえ保存状態が良くない着物であっても、買取ができる可能性があるのが大きな魅力です。
素人の目では着物の価値を判断するのは難しいため、買取業者が査定をすると思わぬ価格になることもあります。
大切な着物だけれども着る機会がないという場合には、着物買取業者に相談をすると次の人に大切に着てもらえたり、臨時収入になったりといいことがたくさんあります。

Page Top